スポンサーリンク

めんどうな仕事を明日に残さない方法

 

毎日、自分が本当にやらなきゃいけない仕事だけに集中できたら幸せなんですけど、世の中そうもいかない

どうしてもめんどうな仕事が付きまとう。めんどうな仕事...そう皆さんお察しの通り「皿洗い」のことです

めんどうじゃない?めんどうだよね

朝ごはんを食べて皿を洗う

仕事をする

昼ご飯を食べて皿を洗う

仕事をする

夕ご飯を食べて皿を洗う

邪魔!!!

仕事のあいまあいまに割って入ってくる感じすごく面倒

皿洗いに限らず、こういっためんどうな仕事はついつい後回しにしてしまいがち。かといってやらないわけにはいかないんで、どうにかしてめんどうな仕事を処理したいと思います

めんどうな仕事はめんどうなのでついつい「あとでやるわ~~」とか言って後回しにしてしまいますが、これ本当によくない。よくない理由は主に3つ!

ずっと気がかりになる

「皿洗いしなきゃな~~」と思ってから「あとでやるか」と自分に言い訳し、メインの仕事にかかるとします

そうすると、頭の片隅で「皿洗いが」体育座りして居座るせいで、いまいちメインの仕事に集中できないんですよ。ずっと頭の中で「あとで皿洗いしなきゃ...」ってループし続けます

やらない

「あとでやるか」を5回繰り返した末に結局やらないこともしばしば

忘れる

最悪忘れる

皿洗いを忘れることはありませんが、人に頼まれた雑務なんかよく忘れます。んでよく怒られる

ここで忘れた仕事って絶対に思い出すことはありません。

じゃあ、明日にめんどうな仕事を回さないためにはどうすればいいのか

一般的なのは「メモをして手が空いたらやる」「その場でやる」の二つだと思います

メモをしていても、後回しにしていることには変わりがないのでダメ。その場でやるっていうのも、そもそもその場でやるのが面倒だから後回しにしているわけでダメ

じゃあどうするのかっていうとバッチ処理をします

バッチ処理に関してはメンタリストのDaiGoさんの本がわかりやすく書いてありました

細かい仕事は、1日の終わりなど、どこかの時間にまとめて片づける。
コツは、まとめて最後にやること。これが重要です。
用意するのは、大きめの付せんだけ。
仕事や勉強中に、やらなくてはならない雑事を思いついたら、いったんメモして、すぐに頭の外に出しておくのです。それで最後まで残さずにまとめて一気に片付けます。
付せんでなくても、メモ帳やスマートフォンのメモ帳機能や音声録音でも構いません。1分程度でできてしまう仕事ならすぐさまやってしまってもいいのですが、集中状態に入ったら、それ以外のことをやらない方が集中力は持続します。そして、雑事は翌日にのこさないよう、まとめて処理するという「バッチ処理」が大切です。
超集中力:DaiGo

メモをして、後でやるのと何が違うかっていうと、それは「一日の最後にやる」と最初から決めてしまうという点

後回しにしていると、「いつやろうかな」と常にめんどうな仕事のことが気がかりになるんですが、「1日の最後にやる」って初めから決めておくことで、その仕事のことを忘れることができるんです

これで、いちいち皿洗いのことをきにすることなくメインの仕事に集中することができます

はぁ~。一件落着。仕事に戻ろ!

P.S.
一日の最後まで皿洗いをとっておいたら、台所から異臭がしました