スポンサーリンク

mokoの夢それは友達の駆け込み寺をつくること

辛い思いをして、どうしても逃げられなくて、どうしようもなくなったときに友達が逃げられる駆け込み寺のような場所を作りたい。

それがmokoの人生の目標です。

どうも、Twitchで配信しているmoko(@moko7days)と申します。

今回はmokoの人生の目標について話したいと思います。

冒頭で述べた通り、mokoは友達が生きている中でどうしても辛く、逃げ出したい思いをした時の駆け込み寺をつくりたいんです。

この夢はmokoが実際に辛い思いをした時に「どこかに逃げ出してしまいたい」「何もかも放って消えたい」「死にたい」と思った経験から来ています。

スポンサーリンク

死んでしまいたくなるほど辛かった

mokoにはおつきあいしている彼女がいます。mokoは女性とおつきあいするときは真剣に、一生一緒に暮らすことも想定してお付き合いをしています。

彼女との仲は問題なかったのですが、彼女のご両親とmokoの関わりの中でmokoは死ぬほど辛い思いをしました。

彼女のご両親はmokoのことをよく思わず、一方的にmokoと彼女の連絡を取れないようにし、言うことを聞かない彼女に暴力を揮い、挙げ句の果てには「彼女と付き合いたければ私達の入っている宗教に入れ」とまで言われてしまいました。

mokoと彼女は遠距離で、彼女が暴力を振るわれている間もmokoは何もできず。

mokoの家族は無宗教家で、オウム真理教の事件を目の当たりにしている世代で、「宗教はあやしいもの」というイメージを持っていました。そのため、mokoが宗教についての勉強を強要されていることは家族に相談できませんでした。

やりたくない宗教を強要され、mokoと付き合っているせいで彼女が暴力を振るわれているのに、当時大学生だったmokoは平然と大学に行くしか無かったのです。それがどれほど辛かったか。

助けに行くにもお金がなく、彼女が傷ついているのに、誰にも相談できず、自分は日常を過ごさなくてはならないことがどれほど辛かったか。

お金が無く苦しい二人暮らし

その後、彼女が実家をでることで暴力と、宗教の強要からは逃れることができました。

フリーターの彼女と大学生のmokoの二人暮らしが始まりました。

しかし、この生活も楽なものではありませんでした。

フリーターの彼女はバイト先のおばさんたちとソリが合わなかったり、ブラックバイトに当たったりなど、なかなか仕事が安定しませんでした。

mokoも家族に彼女と二人で暮らすことを言えず。また裕福でない家族に無理をして私立の大学に入れてもらっている手前、単位を疎かにしてバイトで生活費を稼ぐという選択肢はmokoにはありませんでした。

知人にお金をかりたりしつつ、どうにか当面の生活費を稼いで生きていく日々。

毎日1パック100円の卵と、1玉20円のうどんで卵とじうどんを食べて過ごしていました。

逃げ出せる場所をつくりたい

2年後、彼女が安定して働ける職場を見つけ、mokoの就職が決まり、彼女のご両親との和解により苦しく辛い生活は無事終わりました。

このときにmokoは思ったんです。

「辛い思いをして、死んでしまいたくなるほど追い詰められた人が駆け込める場所を作りたい」

って。

具体的には田舎に土地を買って作りたい

具体的には四国あたりの田舎に土地を買って、畑と少し広めの家を建てたいんです。

畑で必要な食料は賄えるようにして、最低限生きていけるように。

どうしても逃げ出したくなった人が、そこにやってきて、心の傷が癒えるまで畑をmokoと一緒に耕しながらゆっくり過ごしていく。

そうして元気になったら帰ってもいいし、そのまま田舎で過ごしても良い。

そんな駆け込み寺みたいな場所を作りたいんです。

配信活動と絡めても面白そう

今やっているmokoの配信活動と絡めても面白そうだなって。

現実問題、夢がかなって田舎に土地を持って駆け込み寺を作れても、全ての人を受け入れることはできない。だからTwitchでmokoを応援してくれる人から受け入れたりとか。

つらいことから逃げてきた人と畑を耕したり、DIYをしている様子をTwitchで配信するのも面白そうですよね。

その人が元気になって地元にもどるのもいいし、mokoと一緒にインターネットで活動してくれたりしても楽しそうです。

想像しただけで楽しくなってきました。

どうしてmokoがやるの?

mokoが友達の駆け込み寺を作りたいと思った理由はわかってもらえたと思います。

そこでこんな疑問が出るかもしれません。

「悩み事なら学校の友達にいえばいいのでは?」

「家族に相談するからいいよ」

そう思える人は、その人達を頼ってください。君にはいい友達がいるんです。幸せなことです。

でも、友達だからこそ、家族だからこそ言えないことって世の中にはあるんですよ。「配信で知り合った人」ぐらいの適度な距離感の人のほうが相談しやすいこともあったりするんです。

リアルの友達でもない、家族でもない。

だけどよく知ってる。そんな絶妙な距離の存在に配信者であるmokoはなれると思ってるんです。

…それに単純に人の悩み聞くのmokoは好きだし!!聞くだけだけど!それで人の役にたてるなら幸せですよ。


以上でmokoの夢語りはお終いです。

mokoは特別お金持ちになりたいという願望はありません。必要最低限の生活と、インターネット環境さえあれば満足です。あ、ときどき映画と1年に1っかいちょっと出かけたいかも。

なので、もしこの記事を読んでくれた四国あたりの地主さんが

「お、じゃあうちの土地分けてあげるよ」なんて言ってくれてインターネット環境さえあれば今スグにでも言って駆け込み寺づくりを始めたいくらいです。

…まあそんな人がmokoのブログを読むことは早々ないと思うので、今はお金をコツコツためて田舎に土地を買おうと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

少しでも応援してくれる気になった方がいたら

Twitchのサブスクライブをしていただけると助かります。趣味で活動しているゲーム実況配信です。月$5から、だいたい600円から支援できますのでよかったらお願いします。

ゲームも一緒に遊ぼうな!!

もこと - Twitch
Streamerのもことと申しまーす!最近はApexにハマってる。ほぼ毎日夜21:30~放送中!! Hello, My name is mokoto. I'm a streamer. Vainglory/Minecraft/Shadowverse/