スポンサーリンク

気分が優れない時はすぐ寝るに限る

どうも、moko(@moko7days)ともうしま~す!

最近台風の影響か、体調がすぐれないmokoです。ブログも更新をさぼっていました。ブログの更新どころか放送もできていなかったんですけどね!

今日のお話は

  • 体の1部分の調子が悪いと、他の部分の調子も悪くなる
  • だから、どこか調子が悪い時は無理せず寝よう

というお話です。

もう上の箇条書きだけで伝えたいこと全部書いたんで以下余談。

 

最近、台風9号やら10号が僕の住んでいる地域に遊びに来るおかげで、体調不良に見舞われています。

「本当に台風の影響で体調が悪いの?」と思う方へ。台風が来るたびに頭痛がしたり、酸欠状態みたいになるので台風のせいにしましょう。

 

しかし、人間の頭部に痛覚はないので、一般的に頭痛という症状自体なかなか怪しいものがありますが、今日話したいのはそこじゃない。

生放送にwebの勉強。ブログの更新。その他もろもろ、この頭が働かないせいで手につかないということです。

勉強だけならいざ知らず。息抜きの読書もできないんだから困りもの。生きる意味を失った廃人のように過ごしてます。

ここで思い出したのが中学、大学時代の話。

中学生時代、僕は陸上部に所属していました。種目は3000m。練習メニューをひとことで言うなら走るだけ。

あるとき、体育の授業のバスケットボール中に僕は突き指をしました。

そうしたらその日、僕は全く走れなかったんです。もちろん逆立ちをして走っているわけではないので、指がいたくても走ることはできます。

走りました。走りました。そりゃ走りましたけど、やっぱり指の痛みが邪魔をして走ることに100%集中できなかったんです。

 

時は流れて大学時代。体育の授業での出来事。

その時の授業内容は護身術。その護身術のやり方、内容はもうほとんど忘れましたが、先生のある言葉だけ覚えています。

「人間は、腕一本抑えちまえば思ったように体を動かせなくなるもんなんだよ」という言葉。

実際は、腕一本と体半分を抑えるような形の寝技だったような気がしますが、細かいことは割愛。

 

ここで僕が思ったのは「人間、どこか調子悪いと、他のことも手につかないのは当たり前だな」ということ。

体調が悪い。嫌なことがあった。不安がある。理由は様々だけど、なにか自分にとって良くないことがあると、そっちに気を取られて何もできなくなるのは当たり前だなって。

そういときは無理せず、思いっきり休むのが一番だと僕は思います。

無理をしたって、何もできないのを実感してより気分が沈むだけ。それなら開き直って治るまでは休むのが吉。

何もできない自分を責め過ぎず、時期が来るまで待つのも努力ですよね。

という言い訳を書いて、台風が過ぎるまではゆっくりします。

ではでは、また今度。